名古屋コーチン

名古屋コーチン

当店はムラセ農場の名古屋コーチンを使用しています

名古屋コーチンは日本を代表する地鶏として、全国的に知られています。

その誕生明治初期で、旧尾張藩士の海部荘平・正秀が尾張地方在来の地鶏と中国減算のバフコーチンを交配して作りだしました。

肉質・産卵がよく、強健で温厚であるという長所を兼ね備えていたため【海部鶏】とか【海部薄毛】と呼ばれ、当時尾張地方を中心にして広まり全国各地に至るまで広く飼育されてきました。

明治36年には、愛知県農事試験場に畜産部が設置され、名古屋コーチンの系統としての確立と産卵性能の改良が開始されました。

明治38年には、日本家禽協会が【名古屋コーチン】として公認し、国産実用品種第1号の鶏となりました。

外国鶏の進出により一時飼育羽数は激減しましたが、昭和50年代からのグルメ志向、自然志向背景に見事復活し、名古屋コーチンの需要が急増しています。

ブロイラーなどと掛け合わせることなく、在来種の血液を100%引き継ぐのは名古屋コーチンのみです。

近親交配による活力や生産性の低下がないような交配の仕方をされています。

愛知県種鶏場で作り出された種鶏は、愛知県7箇所の孵化場とムラセ農場に供給され、飼育したものが解体処理され、全国に販売されます。

ムラセ農場では、餌に油脂添加せず、肉骨粉を入れない、良質のとうもろこし、大豆、魚粉、乾燥した青菜を原料にしたムラセ独自の名古屋コーチン専用飼料で飼育しています。

従って、肉・玉子に臭みがなく、薫り高く安全な製品の供給に努めています。

 

Copyright (C) 2007-2012 串串 All Rights Reserved.